国立トレチャコフ美術館

国立トレチャコフ美術館はロシアのモスクワにあります。ロシア最大級で世界有数のロシアファインアートのコレクションを所蔵。トレチャコフ兄弟が自宅で美術ギャラリーを開いたのが始まりです。現在、レーピン、クラムスコイ、シーシキンなど約10万点もの作品が所蔵されています。

国立トレチャコフ美術館は世界有数のロシアファインアートを所蔵

スポンサードリンク                    プライバシーポリシー

国立トレチャコフ美術館は、ロシアのモスクワにある美術館で世界有数の
ロシアファインアートのコレクションとして有名になっています。始まりはロシアの
商人であったトレチャコフ兄弟が自宅で美術ギャラリーを開いたことですが、兄弟によってロシアの芸術品が集められ、現在ではロシア最大級にまでなっています。

国立トレチャコフ美術館は、もちろんロシアに行かなければ見ることが出来ないのですが、現在東京、岩手、広島、郡山市にてその美術品の数々を見ることが
出来ます。 これは「bankamura」という複合文化施設と毎日新聞社が主催して
行っている「国立トレチャコフ美術館展忘れえぬロシア」という展覧会です。

2009年の4月4日より東京のbankamuraザ・ミュージアムで順に全国を回って
開催されていきますので、お近くに来た際には是非足を運んでみては
いかがでしょうか。 東京では6月7日まで、岩手県が6月13日から7月21日まで、
広島県が7月28日から10月18日まで、郡山市が10月24日から12月13日までと
なっています。




国立トレチャコフ美術館には、現在約10万点もの作品が所蔵されておりその中から厳選された作品が日本に持ち込まれています。

今まで見たことのないような芸術品の数々を目や肌で感じることが出来るのは、この展覧会だけだと思いますので
この機会を見逃さないようにしてくださいね。 レーピンクラムスコイシーシキンなどの代表的画家で構成されており、
19世紀半ばからロシア革命までを背景にした展覧会になっているようです。

ロシアの壮大な自然を描いたものや、人々の暮らし、美しい肖像に至るまで、心から感動できる作品ばかりになっているようです。

bankamuraのホームページでは国立トレチャコフ美術館展の特集が組まれていますので、どのような作品があるのか詳しく知りたい方は
チェックしてみて下さいね。 また、スペシャル・ビジュアルツアーと題した動画を見ることも出来ます。
これは展覧会会場を動画で楽しめるという画期的なシステムです。会場が遠くてどうしても行くことが出来ない方は、
こちらで楽しめるようになっています。 本場の国立トレチャコフ美術館を訪れたような感覚を得ることが出来ます。

この展覧会を見た方の多くが、本場の国立トレチャコフ美術館に行きたくなるという衝動に駆られるようです。

やはり芸術的感性を刺激されるのでしょう。ロシアに行く機会があればたずねてみたい場所です。
本場はまた雰囲気が一味違いますので、きっと圧倒されると思いますよ。

SPONSORED LINK

Copyright(C) 美景微笑 All Rights Reserved.